Scrambler 1200発表パーティ

スターがトライアンフのレースを続々観戦

トム・ハーディ、リチャード・ハモンド、プロフェサー・グリーンやビクトリア・ペンドルトンは、トライアンフの最新バイクScrambler 1200を最初に目にしたスターのうちの何名かです。 ロンドンのExCeLで開催された大規模な発表パーティには、新バイクによるスリリングなライブオフロードレース、たくさんのストリードフード、モトクロスレーサー、The Amazonsによるライブミュージックがあり、そして2,000名を超えるトライアンフファンが参加しました。 Scrambler 1200がトライアンフ、そしてファンにとって何を意味するかが明確に示されました。

グランプリレースの伝説的存在スティーブ・パリッシュと現役レーサーのマリア・コステッロが開幕を行い、象徴的なオリジナルのTriumph TR6’SC、「ホンモノ」のデザートスレッドが、人を乗せて舞台に登場する様子を紹介しました。 Scrambler 1200が発表され、その後世界中から参加したモトクロスレーサーやスタントライダーが、特設のインドアトラックに登場し、レースを行いました。

マリアとスティーブ・パリッシュはこの晩、素晴らしい司会を行いました。 彼女のお気に入りの部分はレースでした。「トラップから脱出するバイクの力は本当に印象的でした。 私たちはスタートラインに立っており、バイクはとても高速で周回していました。」

The riders were split into countries and the competition was genuinely fierce. Flying down the start ramp – dirt being thrown high into the air – they weren’t holding back. Representing the USA, stunt rider Ernie Vigil was doing really well before he put the bike down, leaving Rafael Ramos and his Brazilian team to take the win.

“It was so much fun,” Rafael says as the team receives a custom Scrambler tank from Nick Bloor and a trophy made from a piston. “It’s really tight, but if you keep it smooth you can get the bike around. The competition was high – there’s some great riders. It’s been such a brilliant night.”

ここで転倒したライダーのために、柵を飛び越えてバイクを取り戻してくれる勇敢な人たちがいました。 チームのメンバーであるアルフィー・スミスは、モトクロススタイルのテクニカルコースについて語る際、狭くカーブの多いトラックではもっと多くの転倒を予想していたと述べました。「昨日トラックを試した際には、もっと多くの転倒がありました。」

Baja Scrambler

Scrambler 1200バハファクトリーレーサー

イベント中、米国のスタントライダーのアーニー・ヴィジルが今年、新たなScramblerで過酷なバハ1000レースに挑戦することが、明らかにされました。 ここ数か月、彼はこのバイクを重点的にテストしています。 「ブラジルチーム、おめでとう。今晩は本当に素晴らしい出来具合でした」と彼は語りました。 「このバイクは非常によくできています。 私はバハのレースに向けて砂漠で走行試験を行いましたが、サスペンションはすばらしい性能です。 一番下まで押し下げようとしてみようと思いましたが、でききませんでした! 素晴らしいのは、今晩ここにあるScrambler全て、そして砂漠でのレースで乗車するものが、微調整を除いて完全にそのままの構造であることです。 これらは、まさに工場出荷時からハードなオフロードでの使用向けに製造されているのです。」

MCNの道路テスト走行者で彼自身レーサーであるアダム・チャイルド「チャド」もこのレースに参加し、Scrambler 1200の感触を初めて味わいました。 「これはまるで、ウェールズのペンダイン・サンズ・ビーチのどこかのように素敵です。 今日のレースは、バイクで何が可能か体験するよい機会でしたが、もっと高いギアに切り替えるのが待ち遠しいです。 私は本当に Adventure Experienceに参加したいです.”

報道陣やレーサーから離れたところでは、このブランドのライダーやファンがレースを観戦し、新型バイクに乗車して感想を語り合っていました。

「私にとっては美しいバイクです」と、ダブリンから来たポール・キャロルは語ります。 「私はトライアンフの製品が大好きです。Scrambler 1200は私の新しいお気に入りのバイクです。 発売されたらすぐに買うつもりです。」

バイクの批評家であるクリストフ・レンチュは、次のように語ります。「これは私が好きなタイプのバイクです。 これは男らしく、スポーティでビンテージ風です。 このバイクでオフロード体験を楽しみたいです。 気に入りました。」

Triumph Scrambler in action on the track

トライアンフファンのアヴィ・グリーベリーは、自分のアドベンチャーバイクに代わるScrambler 1200 XCの購入を検討しています。「今晩実物を見ました。地元の代理店に行って試乗してみたいです。」

この晩は、アドレナリンに満ちあふれたこの晩の雰囲気にぴったりのインディーロックバンドThe Amazonsの活気あふれるショーで終わりました。

会場におけるScrambler 1200への関心は非常に高いものでした。 最先端の性能を備えたレトロアドベンチャーへの新しい一歩です。 Scrambler 1200についての詳細情報はこちらをご覧ください。