今年のDGR、まもなく開催

写真で振り返る名シーン

第8回 The Distinguished Gentleman’s Ride(DGR:Distinguished Gentleman’s Ride)の開催が迫って参りました。世界各地で開催されるこのイベントは、前立腺がんと男性のメンタルヘルスのためのチャリティを目的とし、これまでの寄付金総額は数百万ドルにのぼっています。トライアンフはこのイベントのスポンサーを務めています。

9月29日(日)のDGRに向け、110ヶ国、700の町で約13万人のライダーたちが、クラシックバイクやビンテージバイクに乗り、すでに募金活動を開始しています。

DGRは2012年、オーストラリアのシドニーでマーク・ハーワー氏が始めた活動で、これまでに1850万ドルを超える寄付を集め、多くのライダーの参加によって男性の健康への意識を高め、たくさんの命を救ってきました。

参加ルールは3つです。

  1. 粋でおしゃれな服装であること。ツイードジャケット、スタイリッシュな帽子、おしゃれな靴、素敵なアクセサリーなど。
  2. クラシックスタイルのバイクに乗ること。トライアンフボバー、ストリートスクランブラー、オールドスクールチョッパー、ボンネビル、サイドカーなど。
  3. 参加登録して募金活動を行うこと。参加登録、寄付、募金活動に関する詳細はこちら

過去の名シーンをご紹介

世界各地で開催されたDGRのパレードラン。下の写真は、どこの国で撮影されたものかお分かりになりますか?次の中から選んでみてください:イギリス、インド、スペイン、イタリア、オーストラリア、アメリカ。