スクランブリングとは?

黄金期を支えたトライアンフ

トライアンフのDNAにはスクランブリングの精神が息づいています。1960年代、イギリスやヨーロッパでスターティンググリッドにひしめき、勝利をさらっていったマシンたちには、トライアンフのエンジンが搭載されていました。

伝統的スクランブリングのコメンテーターであり、ご自身も元レーサーであるリチャード・ウィン氏を迎え、スクランブリングとはどういうものか、隆盛を極めたのはなぜか、スクランブリングの魅力は何かについて、お話をうかがいました。

「1960年代のイギリスではスクランブリングが盛んでした。土曜の午後には、BBCのスポーツ番組『グランドスタンド』で放送されていたほどです。当時はチャンネルが3つしかなく、私もその番組でレーサー達を見ていた300万人の内のひとりでした。BBCにとっては冬の間、競馬の代わりに放送できる競技が必要だったのです。毎週末、凍てつく寒さの中で参戦するライダー達は皆のヒーローでした」

1950年代後半:レースの常連ブライアン・シャープとスタンダートなトライアンフ、サマーセット・グランド・ナショナルにて

Richard’s parents both rode motorcycles, so his love for scrambling was somewhat inevitable: “I guess I was raised in that environment and it always fascinated me. There was a motocross track only a couple of miles from where I lived. At six years old I could go and see those big stars I’d seen on TV live at Bassenthwaite in the Lake District. I’ve been hooked ever since.”

Richard started as a road bike rider and fancied trying his hand at classic scrambling: “I’ve always been absolutely obsessed with it really, so I gave it a go.”

Rob J Raffle in Oxford 1966 on a custom Triumph

What defines scrambling?

“Scrambling is an outside sport, mainly ridden on natural tracks and trails. Today it’s evolved into motocross – which is the French name for cross-country motorcycling – and even into Supercross in the USA. It was invented in England in 1924, in Camberley. In their purest form the bikes were little different from the road bikes of the time, with very little suspension travel. It has always been a highly skilled sport, but it was tricky on the older non-purpose-built machines.”

1966 GPで勝利したドン・リックマンとトライアンフのエンジンを搭載したMetisse

「スターティンググリッドにはトライアンフのエンジンを搭載したバイク」

「1960年代はまさにスクランブルレースの黄金期でした」とウィン氏は語ります。「ドンとデレックのリックマン兄弟はレーサーであり、有能なメカニックでもありました。1950年代後半、兄弟はトライアンフのT100エンジンを搭載したオリジナルのマシンを製作することを決心します。そしてあっという間に完成させたのです」

リックマン兄弟はレースで活躍し、1959年から1966年にかけ、モトクロス・オブ・ネイションズで5度の優勝を飾りました。

「1961年になると、トライアンフのエンジンを搭載したMk3 Metisseがスティーブ・マックイーンの愛車となります。それがこのバイクの人気を決定づけました」とウィン氏は言います。「この頃リックマン兄弟は、オリジナルフレームの製作に成功していました。ボディはグラスファイバー、エンジンはもちろんトライアンフでした。Metisseは美しいバイクでした。1964年に開催されたスクランブルレースの一大イベント、モトクロス・オブ・ネイションズでは、参戦したマシンの半数以上がトライアンフのエンジンを搭載したMetisseでした」

1950年代や1960年代には、愛車でレースに向かい、ナンバープレートを外し、レースをし、またナンバープレートを戻して家まで乗って帰るというのは珍しいことではありませんでした。この精神を大いに受け継いでいるのがトライアンフの新型Scrambler 1200です。そのパワーは往年のバイクをはるかに凌ぎますが、オフロードでの卓越した走破性とオンロードでの快適な乗り心地を併せ持つスクランブラーの精神はしっかりと受け継がれています。

「私にとっては、当時のバイクのクラシカルなルックスこそがスクランブルレースの象徴です。自然の地形を使ったコースとスタンダードなルックスのバイクが脳裏に浮かびます」とウィン氏。「トライアンフは、スポーツバイクとともに本当に長い歴史を歩んできました」

インタビューを受けて頂いたリチャード・ウィン氏、写真を提供して頂いたエリック・マイルズ氏、ロン・カスタード氏、ご協力頂いたカンブリア・クラシック・モトクロス・クラブの皆様に心よりお礼申し上げます。