D*FACEについて

ストリートアートとStreet Twinの出会い

現代のアーバンアーティストD*Faceは10年以上にわたり、ストリートアートの分野でパイオニアであり、かつはみ出し者、アナーキストそして個性派を称賛し続けています。 アートやバイクへの彼の愛が、トライアンフとの最新プロジェクトに結集され、新しいStreet Twinを映えさせるユニークなタンクが生まれ ました. FTRは、D*Faceを突き動かすもの、彼のアートへの洞察、そして彼がバイクを愛する理由を突き止めました…

赤と青。 解釈がまったく異なる2つのタンク。 最初のタンクは落書きから着想を得た派手なデザインで、ペンキが泡立ってタンクの端から垂れているように見え、スプレー缶もアートの一部です。

2つ目のアクアブルーのタンクは 黒と銀のバイクによく映えて、まるで光を放ち、脈打っているように見えます。 タンクの側面に描かれたフェニックスのような鳥は、ナイル・ミギジ・ジョンストンなど現在活躍中のカナダ先住民アーティストの作品を 彷彿とさせます。 柔らかな曲線に続いて、 角ばった稲妻が尾の後ろとTriumphという文字の両側に繰り返し刻まれています。Triumphという単語自体も、感電したようなギザギザのフォントで記されています。

Q: ご自身にとってアートとは?

A: アートとは、自分自身で表現しようとしているもののフィーリングを他人に伝える手段です。 私はアイデアをビジュアルに実現するのが好きです。できるだけ生き生きとグラフィカルにストーリーを伝えます。 これは、子どもの頃、電車やトラックの側面に描かれた落書きを見たときの体験が元になっています。

まるで顔にパンチをくらったような大きな衝撃を受け、とても興奮しました。 スケートグラフィックも同じです。 子どもの頃、Thrasher誌でジム・フィリップスやヴァーノン・コートラント・ジョンソンの一風変わったグラフィックを見たとき、すごく驚いたものです。 当時の私は、彼らがどんな人物かまったく知りませんでした。

私が見た落書きやスケートグラフィックはまさに、私が理解できる言葉で私に語り掛けてきました。

実は、スケーターが自分のグラフィックを作成したものと思い込んでいました。 私はかなり長い間、プロスケーターになって自分独自のスケートグラフィックを作ろうとしていました。 お金をもらってスケートグラフィックを制作しているプロのイラストレーターがいると知ったのは、かなり後になってからでした。 まさにこれが私のアートを、そしてアートがどうあるべきかについての私の考えを構築したのです。

子ども時代から10代にかけての私は、美術館に入りたいとはまったく思いませんでした。 母は有名な美術館に私を連れてゆき、素晴らしいアートを見せてくれたのですが、こうしたアートは私にとって意味があると感じられる声では私に語り掛けてくれませんでした。

その一方で、私が見ていた落書きやスケートグラフィックは、私が理解できる言葉で語り掛けてくれ、とても面白いと思いました。 閉ざされた美術館は排他的で場違いに感じられました。 このため私は、パブリックドメインで仕事をしてきました。 すべての人に、私の実現しようとしていることに参加してほしいのです。

Q: ご自身の作品には特定のメッセージがありますか?

A: 私の作品の90%には、背景となるストーリーがあります。 私の個人的な感動やフィーリングです。 それが何であるかを私が説明するのは簡単ですが、作品を見た人が自分自身のストーリーを考えるようにする方がずっと面白いと思います。

他の人から「これにはどんな意味があるのか?」 と聞かれた場合、私は決して直接的には答えません。 単に、ほのめかされている内容のヒントを与えるだけです。 彼らが語ってくれる推測内容は、私のストーリーよりもはるかに素晴らしいのです!

中には驚くべきものもあり、私の考えを伝えなくて本当によかったと思います。 パブリックドメインでやるとなると、職業や階級の区別なくあらゆる人々を相手にすることになります。 年齢や人種、ジェンダーによる排除がありません。これが、私が実行するチャンスを得たアートの素晴らしいところです。 私は、非常にオープンな方法で大きな影響力を持つチャンスを得たのです。

アートに気づかない人はたくさんいます。 人々は通常、パブリックドメインのものは全て広告だと思い込んでいます。 しかし、何か違うものを目にすると、人々は歩みを止めます。 何かを売ろうとしているのではなく、面白いというだけで路上で誰かが何かを描いているのを見ると、驚くのです。

Q: あなたに着想を与えるバイク乗車体験はどのようなものですか

A: バイクに乗ってそのような自由を体験し、全てから離れて自分一人になれることは、信じられないほどストレス解消になるものです。

私はバイクに乗るときのこの部分が本当に気に入っています。 電話も鳴らず、誰も私と通話しようとしていないひとときです。 都会をバイクで走り抜けながら、私は自分だけの世界に浸って、ひたすら転倒しないよう集中しているのです。 これは比類のないスリルや興奮です。 バイクに乗ると、移動手段の選択肢という意味でアウトサイダーになります。

私はバイクを常に、彫刻の作品とみなしています。

私は16歳のころからバイクに乗っています。それからさまざまなことが起きましたが、乗り始めた当時は、バイクのディーラー以外に行く場所はほとんどなく、 Ace Caféがあるだけでした。

過去から今に至るまで、あらゆる種類のバイクに乗ってきました。 クラシックバイクを始めたきっかけは、スポーツバイクで危うく運転免許を失いかけたことでした。 私はスポーツバイクを全て売り払ったのですが、どうしてもまた乗りたいと思い、クラシックバイクを購入することにしました。

夜な夜なバイクを分解しました。 これにより、アーティストとしての気持ちから逃れることができたのです。 これは今から8年ほど前のことになります。 私は常にバイクを彫刻作品とみなしていましたが、当初私は、自分のカスタムビルドバイクがアート作品であるとはまったく考えていませんでした。 自宅の車庫でバイクを2台作った後、Rebels Allianceをオープンしました。 ちょっぴりこだわったバイクショップ兼コーヒーショップ兼ファッションショップです。

Q: あなたに着想を与えるバイク乗車体験はどのようなものですか

A: バイクに乗ってそのような自由を体験し、全てから離れて自分一人になれることは、信じられないほどストレス解消になるものです。

私はバイクに乗るときのこの部分が本当に気に入っています。 電話も鳴らず、誰も私と通話しようとしていないひとときです。 都会をバイクで走り抜けながら、私は自分だけの世界に浸って、ひたすら転倒しないよう集中しているのです。 これは比類のないスリルや興奮です。 バイクに乗ると、移動手段の選択肢という意味でアウトサイダーになります。

私はバイクを常に、彫刻の作品とみなしています。

私は16歳のころからバイクに乗っています。それからさまざまなことが起きましたが、乗り始めた当時は、バイクのディーラー以外に行く場所はほとんどなく、 Ace Caféがあるだけでした。

過去から今に至るまで、あらゆる種類のバイクに乗ってきました。 クラシックバイクを始めたきっかけは、スポーツバイクで危うく運転免許を失いかけたことでした。 私はスポーツバイクを全て売り払ったのですが、どうしてもまた乗りたいと思い、クラシックバイクを購入することにしました。

夜な夜なバイクを分解しました。 これにより、アーティストとしての気持ちから逃れることができたのです。 これは今から8年ほど前のことになります。 私は常にバイクを彫刻作品とみなしていましたが、当初私は、自分のカスタムビルドバイクがアート作品であるとはまったく考えていませんでした。 自宅の車庫でバイクを2台作った後、Rebels Allianceをオープンしました。 ちょっぴりこだわったバイクショップ兼コーヒーショップ兼ファッションショップです。

Q: トライアンフとの協力はどのようにして始まりましたか

A: トライアンフから連絡を受けました。 トライアンフは私が常に意識してきたブランドで、父はトライアンフの大ファンでした。 プロジェクトを手掛けるため、同社から連絡を受けたことは、本当に光栄でした。 私はスティーブ・マックイーンの大ファンでした。 ブランドがどのように再生し成功したかを目にしてきたため、信じられませんでした。 私は英国人で、トライアンフも英国ブランドですから、大いに意味があったのです。

プロジェクトでは、まずアートワーク向けのオプションを送るとすぐにOKが出て、私は完全に自由にそれに取り組むことができました。 ご存知の通り、ことバイクに関しては、私は深くハマっています。 もっともっといろんなことをやってみたいです。

Q: バイクアートの進化についてどう思われますか

A: エアブラシによるバイクの爆走シーンは、まったく描きたいと思いませんでした。 私が好きなツーリングやアートのスタイルではなかったのです。 これは意識的に行った意思決定ではありませんでしたが、エアブラシを取り出してだんだん薄くなる炎を描くつもりはありませんでした。

いろんな意味で私は、自分独自のことをやってきました。 トライアンフのStreet Twinタンクの絵は、今まで見たことのない何かをやってみただけです。

Q: バイクの文化は変化したと思われますか

A: Rebels Allianceでは Bike Shed ショー、 Malle MileDirt Quake に参加しています。これらのショーには、英国のバイク文化の現状がよく反映されていると思います。 バイク文化はバイクだけにとどまらず、 陳腐に聞こえるかもしれませんが、それはライフスタイルです。 ファッションや社会情勢。 まさにこれが、長年バイク文化が必要としてきたものだと思います。

私たちはバイクを作っていますが、バイクに乗ったりレースに出場したりもします。 私たちはできるだけ自分の心に誠実にバイク文化を表現しようとしています。 スケートの状況と同様に、スケーターの格好をしてスケートをしなかったら、後ろ指されてしまいます。 Rebels Allianceはバイクのブランドであり、私たちはバイクを作り、バイクに乗っています。 私はほぼ毎日バイクに乗り、見せかけだけではなく、真にバイク文化を表現することを目指しています。

Q: バイクのタンクの絵にはどのように取り組まれますか

A: 壁の場合は、周りの環境と、それをどのように人々が見るかが問題です。 また、これらの人々にとってはその絵が暮らしの一部になります。私という存在は抜きにしてです。 私は何を描くか、そしてそれがふさわしいかどうかについて、考慮する必要があります。

タンクの形がまさに、すべきことを伝えてくれます。 彫刻と絵が奇妙に交じり合っていますが、どちらの分野からも少し外れています。

バイクに絵を描くときに考えなければならないもう2つのことは、絵が動いているときにどう見えるかと、止まっているときにどう見えるかです。 私はこの作業が大好きです。 全ては落書きに戻ります。 通り過ぎるときに絵を見る場合と、駅で見る場合は、まったく違う2つの体験となるのです。

絵が描かれたタンクが止まっているときに見るのと、道路を走っているときに見るのとでは、まったく異なる感情を引き起こします。 私は、自分が描いたタンク付きのバイクに人が乗っているのを見るのが好きです。 実際、1年、あるいは数か月でもいいので、そのバイクに誰かが乗っているのが好きです。それによって新しい命が吹き込まれるのです。

Q: 次は何をされる予定ですか

A: これはトライアンフと連携した2つ目のプロジェクトであり、3つ目のプロジェクトがあることを私は非常に期待しています。 私はもっと関わりたいと思っています。例えば、フルビルドを手掛けてみたいです。 私はこのブランドが大好きです。 Rebels Allianceでは、プライベートビルドとしてのトライアンフを検討中です。

他のプロジェクトに関しては、私は12月に展示会で台北に行きます。 サザビーズとMovemberが組み合わされた、本当に素晴らしいオークションプロジェクトがあります。 私はまた、来年後半に恐らく香港で開催されるショー向けに、一連の作品に取り組んでいます。