Richie Norton surfing

マインドフルネスとは?

現実逃避と心の平穏について、リッチー・ノートン

モーターサイクルのコミュニティは、DGR(Distinguished Gentlemans Ride)などのイベントを通じて、団結してメンタルヘルスに取り組む歴史を持っています。健康企業The Strength Templeの設立者リッチー・ノートンが、モーターサイクルを現実逃避に使う方法を説明してくれます。

The Strength Templeはブリストルを拠点にしているヘルシーな生活とマインドフルネスをリードする会社です。リッチーは、ラグビーをやめる原因となったケガを克服した後、他人を助けることにインスピレーションを受けてビジネスを立ち上げました。リッチーは、彼のマインドフルネスについての一般的な考えとアプローチを共有し、モーターサイクルが頭をすっきりさせてくれることについても話しました。

モーターサイクルにハマった理由は?

僕は常にどこか冒険家のところがあって、自分の快適なゾーンの外にいることが好きだったんです。父が石油採掘所で地質学者として働いていたため、我が家はよく旅行やキャンプやハイキングに行きました。子供のころは農場で働き、その農場でモーターサイクルに乗っていました。祖父が何台かTriumphを持っていて、初めてモーターサイクルに乗ったのはたぶん私が9才くらいのときで、それ以来ずっと大好きです。

「後に自分のモーターサイクルを手に入れる以前は、BMXをやっていましたが、ラグビーを始めたときに危険が伴うことはクラブによって禁止されました。その後、シドニーに引っ越してDeusの人たちと知り合いました。彼らは揃ってTriumphとサーフボードラックを持っていたように思います。それがカッコよかったんです。

マインドフルネスとは?

ルーティーンや習慣から抜け出すのに役立つ訓練です。毎日の生活は同じことの繰り返しになるので、たまには、気分転換が必要です。未知のものに挑戦する行為とその瞬間は、精神を集中させるのに役立つので、どんなことでも目の前にあるものに集中することは、非常にポジティブなことだと思います。好きなことをしましょう。モーターサイクルに乗りたいなら、乗りましょう。

私のマインドフルネス実践法は、日記を書くこと、山歩き、モーターサイクルに乗る、スノーボードをすることです。つまりあなたの考えとともに、一人になることです。

なぜ実践するんですか?

私たちの多くが未来を追いかけたり、過去にしがみついたりしています。つい過剰分析してしまい、自分の手に負えないことを心配してしまうことがよくあります。私が実践する理由の一つは、鬱や不安が現代社会、特に男性の間に、はびこっているからです。男性の死因で、自殺は心臓病より多いのです。マインドフルネスと現実逃避の作用は、思考を一休みさせるのに役立ちます。

モーターサイクルはどのように適合するのですか?

モーターサイクルに乗ることで、道路に純粋に意識を集中させ自然と一体になることができるので、この実践に向いています。モーターサイクルに乗っているときは、周囲の環境により敏感になり、環境に溶け込みます。そうならざるを得ないので。

道路から目を離すことも、気を散らすこともできません。私にとっては、それがマインドフルネスの実践です。一種の瞑想です。自由であること、統制が取れていること、探検すること、それは精神が良いところに到達することを助けてくれます。モーターサイクルがしてくれることは、あなた一人の場合もあれば他の人と一緒の場合もありますが、あなたを通常の世界から一歩踏み出させてくれることです。

Richie and The Strength Templeについて詳しくご覧ください。また、最近、Tiger 800でライダー仲間のイーサン・ローチと一緒にオフロードを走った時にリッチーに起きたことも読んでみてください。Instagramで#MotorcycleEscapeを共有し、 @officialtriumphをタグ付けしてください。